多くの医師が選ぶ安心の
オンライン診療サービス

【curon導入インタビュー016】「医療機関と患者、両方の負担軽減のために」

高取内科医院

  • 内科
  • 消化器科

JR新川崎駅から徒歩約15分、周囲に新しいマンションが建ち、若い世代の流入も徐々に増えている住宅街に髙取内科医院はあります。今回は髙取正雄院長に、オンライン診療サービス「クロン」導入の狙いや、実際に使ってみた感想などをお聞きしました。

オンライン診療の導入を決めた理由を教えてください。

以前から病状が安定している現役世代の成人病の患者さんが、毎回対面通院する必要性についてやや疑問を感じていました。実際、多忙な患者さんが定期的に通院できずに残薬が切れてしまったり、ドロップアウトしたり、結局2か月、3か月処方を希望されたりといったこともありました。また当院は、以前は19時までとしていたクリニックの診療時間を、月曜日以外は18時まで短縮したために仕事が終わってからでは間に合わないといった患者さんもいらっしゃいました。また風邪が流行する時期の来院は院内感染の恐れもあります。もちろん、別室に有熱患者さんを誘導・隔離していますが、どうしても限界があります。

こういった色んな場面でのオンライン診療の可能性を感じて導入を決めました。そういう意味では集患目的というよりは医療機関と患者側両面で負担やリスクを減らしていこうというサービス面充実のための導入です。

クロンの導入で、クリニックにはどのようなメリットがありましたか。

当院側の経済的メリットというのは利用者数が増加してきたときにもっとクリアになるのでしょうが、まだまだ浸透には時間がかかると思います。外来患者の約10%を占める現役世代成人病の患者さんを中心にクロンを積極的に紹介していますが、現状で使っている患者さんの数はまだ全部で10人ほどです。しかしながら1年間の経過観察中で中断したのは転居で通院できなくなった方1名だけで、定着率は悪くありません。

オンライン診療という選択肢があると患者さんに伝えてあげられるというだけでも、診療側としては気持ちの余裕が生まれますし、オンライン診療自体は届け出ている診療時間外に私一人で行っていますので、無理にスタッフの労働時間を延長する必要もありません。

現在のクロンの利用状況と課題を教えてください。

当院の導入のきっかけが先に述べた理由のため、最近の法令改正で認められた対面診療を交えて管理料を請求する形ではなく、ほとんどが臨時の診療対応のため、保険請求額が限定され、オンライン診療として安定した診療報酬はまだまだです。しかしながら小児科・皮膚科・アレルギー疾患などでも領域を限定すればオンラインで済む分野もあるでしょうし、AGAやED、禁煙治療なども適応や注意点などのハードルに対して時間をかけて整理すれば広がっていく可能性は感じています。

院内にポスターを掲示し、患者さんへ案内を行なっている。

患者さんへのパンフレットも、手の届きやすい場所に。

実際にクロンを使ってみた、先生の感想を教えてください。

オンライン診療が当たり前になるまでの中~長期的な取り組みが必要な中、クロンは導入と運用にかかるランニングコストがゼロなのが最大のメリットです。当院は開業から15年ほど経っており、比較的経営は安定していますが、キャッシュフローが気になる開業まもないクリニックにとっては大きなアドバンテージでしょうし、開業当初から導入していくハードルも低いと思います。

また色んなアプリを使用して血圧や血糖値など、自宅で測定したデータをクロン上で見られるのは便利です。クリニックで測るのと自宅で落ち着いて測るのでは血圧などの数値が大きく異なる場合も多々あるので、より実態に近い患者の状態を知ることができるでしょう。

対面と比べて、オンライン診療特有の不便さを感じることはありますか。

現時点では患者さんのwifi環境などが安定せず、ビデオ通話自体が不安定なために起こる、会話のdelayやハウリング、画面のフリーズなどの機械的問題がメインです。これらは徐々に改善されていくでしょうし、こういったトラブルの際はスマホの音声通話に切り替えるなどの対応を事前に決めておけば混乱もありません。

また、実際にクロンの導入に際しての患者側のアカウント作成やこちら側のPC操作は慣れてしまえば簡単ですが、ゼロからのシミュレーションは何度もあるわけではありませんので、時には戸惑ってしまうこともあります。クロンはこういった際のサポートが安定していますし、専任担当者と問題意識を共有し、意見交換がスムーズですから安心していられます。クライアントの意見を率直に受け止めて頂ける姿勢はランニングコストの低さでは表せないメリットだと感じています。

Clinic Infomation

  • 高取内科医院
  • ホームページ:https://www.takatori-cl.or.jp
  • 住所:神奈川県川崎市幸区矢上13-6
  • 電話番号:044-580-3132

Doctor Profile

高取正雄

昭和34年 山形県大江町出身
昭和59年 聖マリアンナ医科大学卒業
平成元年 同大学院卒業、博士号取得
平成13年 マリアンナ医科大学消化器肝臓内科講師を経て、高取内科医院開業
資格:日本内科学会認定・専門医、日本肝臓学会専門医、日本消化器病学会専門医、米国内科学会会員、聖マリアンナ医科大学消化器肝臓内科非常勤講師