多くの医師が選ぶ安心の
オンライン診療サービス

【curon導入インタビュー015】「クリニックを『また訪れたくなる空間』にするために」

ノワール大宮クリニック

  • AGA・性病

埼玉県の大宮駅から5分ほど歩いたところにある、2018年10月に開院したばかりのAGA・性病専門クリニックです。院長の成田学史先生は、開院と同時にオンライン診療の導入を決定されました。そこで、curon導入の決め手や今後の展望をお伺いして参りました。

開院と同時にオンライン診療を導入されたのはなぜでしょうか。

オンライン診療の存在自体は前から知っていました。訪問診療の仕事に携わっていた経験もあり、遠隔で診療を継続するという形態は将来的に出てくるだろうなと感じていました。そんな時にcuronを知り、診療時間の目安を立てやすいAGAのクリニックにおいては有効であると感じ、導入に至りました。

curonについて知る中で魅力を感じた点を教えてください。

初期費用がかからない点、またヤマト運輸の集荷がセットでついていて、医療機関側の工数が何も増えない点が他社と比べて魅力的でした。スタッフに余分な手間がかかることなく、患者さんに対してオンライン診療という選択肢を提供することができるなら、これはもう導入するしかないと思いました。さらにcuronの操作画面はとてもシンプルで、レセコンが不要な自由診療でも簡単に取り入れられそうだと感じたことも決め手の一つです。

これからのクリニック運営で、患者さんのために意識していきたいことはありますか。

なるべくプライベートな空間を提供すること、そして、個々の患者さんと向き合う時間を質の高いものにすることです。AGAや性病などの患者さんには、待合室で他の患者さんと対面することをためらう方が多くいらっしゃいます。当院は待合室を個室にしており、さらに完全予約制のため、患者さんを不用意に待たせるということがありません。空間的にも時間的にも、患者さんにとって居心地のいい空間を提供することを目指しています。

今後オンライン診療をどのように活用していきたいですか。

対面診療と組み合わせながら、様々なパターンに応用していけたらいいですね。今のところ、個々の患者さんがオンライン診療に向いているのかどうか、適宜使い分けていく必要はあると思っています。最初のうちはやはり対面でしっかりサポートをしていく必要がありますし、患者さんもそれを望んでいるでしょう。ただ、治療を継続する中で患者さんの理解が徐々に進めば、オンライン診療を併用していくことも可能になっていくかもしれません。ゆくゆくはホームページに載せて整備していければとも考えていますが、これから実際の患者さんと接する中で、活用の可能性を模索していければと思っています。

Clinic Infomation

  • ノワール大宮クリニック
  • ホームページ:https://noir-omiya-aga.com/
  • 住所:埼玉県さいたま市大宮区仲町2丁目41 KETYビル5F
  • 電話番号:048-657-9696

Doctor Profile

成田 学史

成田学史 1987年生まれ 釧路市出身
2006年(平成18年) 北海道札幌南高校卒業
2014年(平成26年) 北海道大学医学部医学科卒業
2014~2016年(平成26~28年) 北海道がんセンターで勤務
2016~2018年(平成28~30年)北海道 医療法人メディシェア イデア美容皮膚科勤務
2018年(平成30年) ノワール大宮クリニック 開設