オンライン診療 関連用語集 Powered by curon

在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料とは

  • 【読み】 ざいたくじぞくようあつこきゅうりょうほうしどうかんりりょう
  • 【呼称】 -

新型コロナウイルス感染症の流行により、厚生労働省から臨時的な診療報酬の取り扱い等の事務連絡が発出されていますので、更新情報を 【こちらのページ 】からご確認ください。


【概要】

在宅持続陽圧呼吸療法を行っている患者(入院中の患者を除く)に対して、在宅持続陽圧呼吸療法に関する指導管理を行った場合にできます。

 

【診療報酬】

在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料1

2,250点

在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料2

250点

 

【対象疾患・患者】

1.在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料1

以下の全ての基準に該当する在宅患者
ア 慢性心不全患者のうち、医師の診断により、NYHAⅢ度以上であると認められ、睡眠時にチェーンストークス呼吸がみられ、無呼吸低呼吸指数が20以上であることが睡眠ポリグラフィー上確認されているもの
イ CPAP療法を実施したにもかかわらず、無呼吸低呼吸指数が15以下にならない者に対してASV療法を実施したもの

2.在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料2

以下のアからウまでのいずれかの基準に該当する患者
ア 慢性心不全患者のうち、医師の診断により、NYHAⅢ度以上であると認められ、睡眠時にチェーンストークス呼吸がみられ、無呼吸低呼吸指数が20以上であることが睡眠ポリグラフィー上確認されているもので、在宅持続陽圧呼吸療法指導管理料1の対象患者以外にASV療法を実施した場合
イ 心不全である者のうち、日本循環器学会・日本心不全学会によるASV適正使用に関するステートメントに留意した上で、ASV療法を継続せざるを得ない場合
ウ 以下の(イ)から(ハ)までの全ての基準に該当する患者。ただし、無呼吸低呼吸指数が40 以上である患者については、(ロ)の要件を満たせば対象患者となる。
(イ) 無呼吸低呼吸指数(1時間当たりの無呼吸数及び低呼吸数をいう。)が20以上
(ロ) 日中の傾眠、起床時の頭痛などの自覚症状が強く、日常生活に支障を来している症例
(ハ) 睡眠ポリグラフィー上、頻回の睡眠時無呼吸が原因で、睡眠の分断化、深睡眠が著しく減少又は欠如し、持続陽圧呼吸療法により睡眠ポリグラフィー上、睡眠の分断が消失、深睡眠が出現し、睡眠段階が正常化する症例

 

【オンライン診療との関わり】

当該管理料を算定している患者に対しては、オンライン診療料、オンライン医学管理料を算定することは認められておりませんが(2020年現在)、遠隔モニタリング加算を算定できる場合があります。詳しくは遠隔モニタリング加算についての解説記事をご覧下さい。

 

【参照URL】
診療報酬の算定方法の一部を改正する件(告示)別表第1(医科点数表)<第2章>在宅医療
令和2年厚生労働省告示第57号 別表第1(医科点数表)<第2章>在宅医療 P.3以降
特掲診療料の施設基準等の一部を改正する件(告示)
令和2年厚生労働省告示第59号

更新日:2020年7月20日(令和2年の診療報酬改訂に関する情報を追加致しました。)

このページは、オンライン診療サービス curon(クロン)を開発・運営する株式会社MICINにより運営されています。クロンは厚生労働省・経済産業省・総務省のガイドラインにも準拠した、初期費用・月額固定費用が無料で運営できるオンライン診療のシステムで、全国で多数のクリニックに導入されています。サービスの詳しい内容について、こちらをご覧ください。

オンライン診療サービス クロン

本サービスにおける情報提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず近くのかかりつけ医や、適切な医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、日々最新の情報を掲載するために過去の執筆記事も定期的に巡回し、情報の正確性に可能な限り努めて参りますが、制度改定などにより一時的に古い情報が掲載されている可能性がございます。

本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。