多くの医師が選ぶ安心の
オンライン診療サービス

オンライン診療 関連用語集 Powered by curon

ヤーズ配合錠(一般名:ドロスピレノン・エチニルエストラジオール)とは

  • 【読み】 やーずはいごうじょう
  • 【呼称】 -

【概要】

ヤーズ配合錠は低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤(LEP製剤)と呼ばれる薬剤で、有効成分のノルエチステロン(黄体ホルモン)およびエチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)による卵胞の発育を抑え排卵を抑える作用により、月経時の疼痛を軽減します。

LEP製剤は低用量ピルと同様の成分ですが、避妊を目的にして用いる低用量ピルよりもエストロゲンが少なく、月経困難症の治療に用いられます。避妊目的には使用できません。

LEP製剤には、ヤーズのほか、ヤーズフレックスルナベルLD・ULDとそのジェネリック医薬品のフリウェルLD・ULDがあります。ヤーズフレックスは、ヤーズと同一の有効成分・剤型ですが、承認された効能・効果、用法・用量、ならびに1シートの錠剤構成が異なる製剤です。

 

【対象となる疾病・症状】

 月経困難症

 

【ヤーズに期待できる効能・効果】

 月経困難症の治療

 

【ヤーズの服用方法】

1日1錠を毎日一定の時刻に定められた順に従って28日間連続で経口投与します。 以上28日間を投与1周期とし、出血が終わっているか否かにかかわらず、29日目から次の周期の錠剤を投与し、以後同様に繰り返します。

 

用法・用量に関する使用上の注意

(1)毎日一定の時刻に服用させること。

(2)本剤の投与にあたっては,飲み忘れ等がないよう服用方法を十分指導すること。

(3)服用開始日について:本剤を初めて服用させる場合,月経第1日目から服用を開始させてください。服用開始日が月経第1日目から遅れた場合、飲みはじめの最初の1週間はホルモン剤以外の避妊法を用いてください。

(4)万一前日の飲み忘れに気付いた場合,直ちに前日の飲み忘れた錠剤を服用し,当日の錠剤も通常の服薬時刻に服用すること。2日以上服薬を忘れた場合は,気付いた時点で前日分の1錠を服用し,当日の錠剤も通常の服薬時刻に服用し,その後は当初の服薬スケジュールどおり服用を継続させてください。

 

【その他の注意】

 ・本剤を避妊目的で使用しないこと。

 ・本剤の投与に際しては、問診、内診、基礎体温の測定、免疫学的妊娠診断等により、妊娠していないことを十分に確認すること。

 ・服用中に激しい下痢、嘔吐が続いた場合には本剤の吸収不良をきたすことがあり、妊娠する可能性が高くなるので注意すること。

 ・年齢及び喫煙量により心血管系の重篤な副作用の危険性が増大するとの報告があるので、本剤服用患者には禁煙するよう指導してください。

 

【ヤーズの主な副作用】

頭痛、悪心、不正子宮出血、凝固検査異常、性器出血、月経痛、下腹部痛、トロンビ ン・アンチトロンビンⅢ複合体上昇、トリグリセリド上昇、プラスミノーゲン上昇等

 

ヤーズの重大な副作用

血栓症(四肢、肺、心、脳、網膜等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、下肢の急激な疼痛・腫脹、突然の息切れ、胸痛、 激しい頭痛、四肢の脱力・麻痺、構語障害、急性視力障害等の症状があらわれた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行ってください。

 

※警告・禁忌を含む使用上の注意等は製品添付文書をご確認ください。

 

【ヤーズ配合錠のオンライン診療との相性】

低用量ピルをコンスタントに服用するためには定期的に通院し医師の処方を受けることが必要ですが、ピルを服用する年代の女性は学業・仕事など日々の生活で忙しく、思うように来院の時間を作れない場合があります。また、産婦人科を受診するところを人に見られることに抵抗を感じ、それが心理的障壁となって通院を負担に感じる患者もいます。オンライン診療は、こうした通院負担の軽減に役立ちます。薬の処方だけでなく、患者が通院できなくても、飲み忘れた場合の対処方法や、飲み方を変えたい場合の相談窓口となることができ、女性の悩みに寄り添うことにも繋がります。

また、低用量ピルはインターネットでも購入できるため、安易なピルの購入や不正に販売された輸入品や未承認の製剤、偽物の医薬品などの購入を防ぐことにも繋がるかもしれません。そのほか、医療機関にとっては、例えば引っ越しなどでクリニックから離れてしまった患者に対して引き続きかかりつけ医として治療を継続できるというメリットがあります。

このように、ヤーズ配合錠などの低用量ピルとオンライン診療を組み合わせることで通院負担が軽減され、低用量ピルの安全な服薬と患者の服薬アドヒアランス向上を支えることが期待されています。

 

実際に、多数の婦人科の医療機関にオンライン診療サービス「クロン」をご利用いただいております。オンライン診療ガイドブックでは、婦人科領域でのクロンの活用事例や患者の声をご紹介しております。ぜひご覧ください。

 

<オンライン診療の制度面の解説や活用事例が満載のオンライン診療ガイドブックを無料進呈中!>

無料ガイドブックのご請求はこちら

※お問い合わせ内容に「ガイドブック希望」と記載ください。

 

【参考文献】
ヤーズ添付文書(2016年 4 月 改訂(第5版))

 

このページは、オンライン診療サービス curon(クロン)を開発・運営する株式会社MICINにより運営されています。クロンは厚生労働省・経済産業省・総務省のガイドラインにも準拠した、初期費用・月額固定費用が無料で運営できるオンライン診療のシステムで、全国で多数のクリニックに導入されています。サービスの詳しい内容について、こちらをご覧ください。

オンライン診療サービス クロン

本サービスにおける情報提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず近くのかかりつけ医や、適切な医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、日々最新の情報を掲載するために過去の執筆記事も定期的に巡回し、情報の正確性に可能な限り努めて参りますが、制度改定などにより一時的に古い情報が掲載されている可能性がございます。

本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。