多くの医師が選ぶ安心の
オンライン診療サービス

オンライン診療 関連用語集 Powered by curon

医療情報システムの安全管理に関するガイドラインとは

  • 【読み】 いりょうじょうほうしすてむ の あんぜんかんりにかんする がいどらいん
  • 【呼称】 -

【概要】

厚生労働省は、2017年5月30日の改正個人情報保護法の執行に合わせて「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン第5版」を正式に発表しました。本ガイドライン第4版の発表以降、医療業界を取り巻く環境は大きく変化しています。

社会のデジタル化が進んだことで、今まで医療情報に触れる機会が少なかった組織や団体がデジタルな医療情報を日常的に取り扱うようになっています。また、医療機関等がサイバー攻撃の標的になる事例も出てきました。IoT(注1)やそれに関連するサービス等の普及も著しいため、これからも技術の進展が期待されていますが、それに伴い、医療等分野は新たなセキュリティリスクに直面しているといえます。

上記の動向を踏まえ、本ガイドラインにおいても、関連する1章や6章を改定するとともに、第4.2版の公表以降に追加された標準規格等への対応を行いました。

 

(注1)IoT: Internet of Thingsの略。あらゆる物がインターネットを通じてつながることによって実現する新たなサービス、ビジネスモデル、またはそれを可能とする要素技術の総称。

引用:デジタル大辞泉より

 

本ガイドラインの指す「医療情報システム」とは医療事務や診療を支援するシステムだけではなく、遠隔で患者の情報を閲覧・取得するようなコンピュータや携帯端末も範疇として想定されるため、オンライン診療を行う医療機関等の組織の責任者は本ガイドラインを遵守する必要があります。

 

本ガイドラインの役割

本ガイドラインは大きく分けて2つの役割があります。

①法令等により求められる要件を満たすための実行指針

②医療に関わる情報を医療機関等の資産と捉え、これを継続的に保護していくためのプロセスに関する手引書

 

したがって、ガイドラインでは、遵守すべき法令や情報資産を守るための方策等について細かく解説されており、内容や分量が多いだけでなく様々な法令や規則が複雑に関わっているため、一読しただけで全体図を把握するのは困難です。 

このような状況に対して、厚生労働省はガイドラインの趣旨を易しく解説した、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」全ての医療機関等の管理者向け読本」の公開を行なっています。

オンライン診療に関わる医療機関等の管理者は先ず、上記の読本を読み全体図を把握し、必要に応じてガイドラインで該当箇所を参照することが推奨されます。

 

【参考文献】
医療情報システムの安全管理に関するガイドライン
医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」全ての医療機関等の管理者向け読本
医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 第5版」に関するQ&A
医療情報システムの安全管理に関するガイドライン 別冊用語集

このページは、オンライン診療サービス curon(クロン)を開発・運営する株式会社MICINにより運営されています。クロンは厚生労働省・経済産業省・総務省のガイドラインにも準拠した、初期費用・月額固定費用が無料で運営できるオンライン診療のシステムで、全国で多数のクリニックに導入されています。サービスの詳しい内容について、こちらをご覧ください。

オンライン診療サービス クロン

本サービスにおける情報提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず近くのかかりつけ医や、適切な医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、日々最新の情報を掲載するために過去の執筆記事も定期的に巡回し、情報の正確性に可能な限り努めて参りますが、制度改定などにより一時的に古い情報が掲載されている可能性がございます。

本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。