多くの医師が選ぶ安心の
オンライン診療サービス

オンライン診療 関連用語集 Powered by curon

SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)とは

  • 【読み】 えすえすあーるあい
  • 【呼称】 -

【概要】

SSRIとは「Selective Serotonin Reuptake Inhibitor(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」の略称です。SSRIの作用機序としては、一度放出されたセロトニンの細胞内への再取り込みを阻害することで脳内のセロトニン濃度を上昇させ、神経伝達をスムーズにし、抗うつ作用および抗不安作用を示すと考えられています。

通常、成人ではうつ病・うつ状態の患者の治療に用いられ、強迫性障害、社会不安障害、パニック障害、外傷後ストレス障害への適応を有する製剤もあります。

 

【SSRIの主な副作用や注意点】

吐き気、嘔吐、下痢、便秘などの消化器症状が現れることがあります。眠気、めまい、頭痛などの精神神経系症状が現れることがあるため、自動車運転など危険を伴う作業は従事させない、または十分な注意が必要です。また頻度は稀ですが、不安やイライラなどのセロトニン症候群、勃起障害などの性機能障害が起こることもあります。

SSRIを長期服用後に急に中止(断薬)すると、頭痛、めまい感、全身倦怠感などの離脱反応が生じることがあるので、ゆっくり減量していく必要があります。離脱反応は1回の飲み忘れでも出現することがあるので、飲み忘れないことも大切です。

 

【SSRIの主な薬剤の種類】

・デプロメール(一般名:フルボキサミンマレイン酸塩)

 1999年 5 月発売

・ルボックス(一般名:フルボキサミンマレイン酸塩)

 1999年 5 月発売

・パキシル(一般名:パロキセチン塩酸塩水和物)

 2000年11月発売

・ジェイゾロフト(一般名:塩酸セルトラリン)

 2006年7月発売

・レクサプロ(一般名:エスシタロプラムシュウ酸塩)

 2011年7月発売

 

【SSRIとSNRIとの違い】

抗うつ薬のうち、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は主にセロトニンだけを増強する薬剤です。一方、SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)はセロトニンだけでなく、ノルアドレナリンも増やします。

SSRIとSNRIの明確な使い分けは難しいとされていますが、併用して使用するよりも1剤ずつ効果を確認し、効果がみられなければ別の薬剤に切り替えるということが大事です。

 

【SSRIのオンライン診療との相性】

もともと、精神科領域は医師と患者のコミュニケーションが治療の中心です。特に、通院が精神的負担となってしまう患者さんの治療継続や、自宅での患者さんの様子把握といった点で、オンライン診療と相性が良いとされています。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)のアドヒアランスを維持するために、オンライン診療は有用であると考えられます。

 

<精神領域で安全で質の高いオンライン診療を行っていたくためのポイントや事例をご紹介する、オンライン診療ガイドブック特別版(精神科編)を無料配付中!>

無料ガイドブックのご請求はこちら

※お問い合わせ内容に「精神科編ガイドブック希望」と記載ください。

 

【参考文献】
デプロメール 添付文書(2019年1月改訂(第29版))
ルボックス 添付文書(2019年3月改訂(第36版))
パキシル 添付文書(2018年12月改訂(第30版))
ジェイゾロフト 添付文書(2018年2月改訂(第14版))
レクサプロ 添付文書(2018年11月改訂(第8版))

このページは、オンライン診療サービス curon(クロン)を開発・運営する株式会社MICINにより運営されています。クロンは厚生労働省・経済産業省・総務省のガイドラインにも準拠した、初期費用・月額固定費用が無料で運営できるオンライン診療のシステムで、全国で多数のクリニックに導入されています。サービスの詳しい内容について、こちらをご覧ください。

オンライン診療サービス クロン

本サービスにおける情報提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず近くのかかりつけ医や、適切な医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、日々最新の情報を掲載するために過去の執筆記事も定期的に巡回し、情報の正確性に可能な限り努めて参りますが、制度改定などにより一時的に古い情報が掲載されている可能性がございます。

本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。