オンライン診療 関連用語集 Powered by curon

情報通信機器の運用に要する費用とは

  • 【読み】 じょうほうつうしんきき の うんようにようする ひよう
  • 【呼称】 -

新型コロナウイルス感染症の流行により、厚生労働省から臨時的な診療報酬の取り扱い等の事務連絡が発出されていますので、更新情報を 【こちらのページ 】からご確認ください。


 

【概要】

平成30年の診療報酬改定に伴い、オンライン診療において予約料の徴収が算定不可になった代わりに、「情報通信機器の運用に要する費用」が徴収可能となりました。令和2年の診療報酬改定後も引き続き徴収可能となりました。

 

【予約料の代わりに情報通信機器の運用に要する費用が徴収可能に】

以前はオンライン診療を行う際に診療料とは別に、医療機関によって独自に「予約料」を徴収している場合がありましたが、平成30年診療報酬改定により予約料は徴収できなくなりました。その代わりに、予約や受診等に係るシステム利用に要する費用については、療養の給付と直接関係ないサービス等の費用として、社会通念上妥当適切な額を別途徴収できるようになりました。以下原文です。

(引用)
診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について
A003オンライン診療料
(12)当該診察を行う際には、予約に基づく診察による特別の料金の徴収はできない。
(12)当該診察を行う際の情報通信機器の運用に要する費用については、療養の給付と直接関係ないサービス等の費用として別途徴収できる。

出典:診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)(令和2年3月5日保医発0305第1号P.17)

オンライン診療料と併用した算定イメージは以下の通りです。

(弊社オンライン診療ガイドブックより抜粋)

上記の図の「その他」の赤枠で囲ってある「サービス等の費用(税別)」が情報機器の運用に要する費用にあたります。表中の1,000円はあくまで例示であり、医療機関ごとに金額を設定いただくことができます。(特に金額の上限・下限の規定はなく、社会通念上妥当適切な額であれば問題ないとされています)

 また、オンライン診療において情報通信機器の運用に要する費用を別途徴収する場合は予め患者に対し、サービスの内容や料金等について明確かつ丁寧に説明するなど「療養の給付と直接関係ないサービス等の取扱いについて」(令和2年3月23日保医発0323第1号)に従い運用することが求められます。

【出典】
診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)(令和2年3月5日保医発0305第1号P.17)
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000603981.pdf
「療養の給付と直接関係ないサービス等の取扱いについて」(令和2年3月23日保医発0323第1号)
https://www.mhlw.go.jp/content/12400000/000610155.pdf

更新日:2020年7月20日(令和2年の診療報酬改訂に関する情報を追加致しました。)

このページは、オンライン診療サービス curon(クロン)を開発・運営する株式会社MICINにより運営されています。クロンは厚生労働省・経済産業省・総務省のガイドラインにも準拠した、初期費用・月額固定費用が無料で運営できるオンライン診療のシステムで、全国で多数のクリニックに導入されています。サービスの詳しい内容について、こちらをご覧ください。

オンライン診療サービス クロン

本サービスにおける情報提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず近くのかかりつけ医や、適切な医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、日々最新の情報を掲載するために過去の執筆記事も定期的に巡回し、情報の正確性に可能な限り努めて参りますが、制度改定などにより一時的に古い情報が掲載されている可能性がございます。

本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。