多くの医師が選ぶ安心の
オンライン診療サービス

オンライン診療 関連用語集 Powered by curon

対面診療とは

  • 【読み】 たいめんしんりょう
  • 【呼称】 -

【概要】

対面診療とは、医師と患者が直接会って診療を行うことです。

 

いわゆる「遠隔診療」と「対面診療」の整理(平成9年以降〜)

「情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」)について」(平成9年12月24日付け健政発第1075号厚生省健康政策局長通知。以下「平成9年遠隔診療通知」という。)において、オンライン診療の基本的考え方や医師法(昭和23年法律第201号)第20条等との関係から留意すべき事項が初めて正式に提示されました。

「平成9年遠隔診療通知」においてオンライン診療は、あくまで対面診療の補完的役割と示されています。オンライン診療は直接の対面診療を行うことが困難な場合(離島やへき地の患者など)を目的としており、直接の対面診療を行うことができる場合等については対面診療を実施すべきとされていました。

それからもICT技術の向上に伴い、オンライン診療の原則改正や解釈の整理が度々行われてきました。2003年にはオンライン診療は直接の対面診療を行うことが困難な場合に加え、病状が安定している患者に対し、患者の病状急変時等の連絡・対応体制を確保し、患者の療養環境の向上が認められる場合もオンライン診療が認められるようになりました。

そして医療上の安全性・必要性等が担保された適切なオンライン診療を普及するための一定のルール整備を目的とした「オンライン診療の適切な実施に関する指針」が厚生労働省により平成30年3月にとりまとめられました。なお、この指針は令和元年7月に改訂版が出されています。

 

平成30年以降の「オンライン診療」と「対面診療」

令和元年7月に改訂された「オンライン診療の適切な実施に関する指針」において、オンライン診療は未だ対面診療のサポート的役割だと言えます。

本指針の基本理念として、原則、初診は対面診療で行う必要があります。そして、その後も同じ医師による対面診療を適宜組み合わせることが求められます。以下、該当箇所の原文です。

オンライン診療は医師と患者に直接的な関係が既に存在する場合に限って利用されることが基本であり、原則として初診は対面診療で行い、その後も同一の医師による対面診療を適切に組み合わせて行うことが求められる。

引用:厚生労働省「オンライン診療の適切な実施に関する指針」P.8

 

オンライン診療は未だ対面診療の補完的役割とされているのは、現状、オンライン診療は対面診療に比べると得られる情報が限定的と考えられているからです。以下、該当箇所の原文です。

「オンライン診療においては、対面診療に比べて得られる患者の心身の状態に関する情報が限定される。医師は、こうしたオンライン診療による診療行為の限界等を正しく理解した上で、患者及びその家族等に対して、オンライン診療の利点やこれにより生ずるおそれのある不利益等について、事前に説明を行わなければならない。」

引用:同上 P.9

 

現状、オンライン診療は対面診療に比べると得られる情報が限定的と考えられているので、医師がオンライン診療を行うことが適切でないと判断した際は、直ちに対面診療に切り替えることが求められます。以下、該当箇所の原文です。

「オンライン診療を実施する都度、医師が医学的な観点から実施の可否を判断し、オンライン診療を行うことが適切でないと判断した場合はオンライン診療を中止し、速やかに適切な対面診療につなげること。」

引用:同上 P.11

 

オンライン診療と対面診療のこれから

オンライン診療はこれからもガイドラインの改正や、解釈の整理が行われていくと考えられます。現状、オンライン診療は対面診療に比べると得られる情報が限定的とされていますが、ICT技術の発展により得られる情報がより多様になっていくことも期待されます。また、現時点でもオンライン診療ならではのメリットが複数あり、例えば、病院での待ち時間が減る、通院の手間が省ける、二次感染が防げるなど、対面診療では得られない利点があります。
これからはオンライン診療と対面診療それぞれの利点を生かし、患者の疾患、生活・経済環境に応じて組み合わせていくことにより、より良い診療を実現することが期待されます。

 

【参考文献】
厚生労働省 「オンライン診療の適切な実施に関する指針」(令和元年7月改訂)
厚生労働省「情報通信機器を用いた診療(いわゆる「遠隔診療」)について」(平成9年12月24日付け健政発第1075号厚生省健康政策局長通知))

このページは、オンライン診療サービス curon(クロン)を開発・運営する株式会社MICINにより運営されています。クロンは厚生労働省・経済産業省・総務省のガイドラインにも準拠した、初期費用・月額固定費用が無料で運営できるオンライン診療のシステムで、全国で多数のクリニックに導入されています。サービスの詳しい内容について、こちらをご覧ください。

オンライン診療サービス クロン

本サービスにおける情報提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず近くのかかりつけ医や、適切な医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、日々最新の情報を掲載するために過去の執筆記事も定期的に巡回し、情報の正確性に可能な限り努めて参りますが、制度改定などにより一時的に古い情報が掲載されている可能性がございます。

本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。