多くの医師が選ぶ安心の
オンライン診療サービス

オンライン診療 関連用語集 Powered by curon

生活習慣病管理料とは

  • 【読み】 せいかつしゅうかんびょうかんりりょう
  • 【呼称】 -

【概要】

別に厚生労働大臣が定める基準を満たす保険医療機関において、脂質異常症、高血圧症又は糖尿病を主病とする患者(入院中の患者を除く。)に対して、当該患者の同意を得て治療計画を策定し、当該治療計画に基づき、生活習慣に関する総合的な治療管理を行った場合に、月1回に限り算定することができます。

また令和2年の診療報酬改定において、当該管理料を算定すべき医学管理をオンライン診療で行ない、オンライン診療料を算定する場合、対面診療の月1回の制限にかかわらず「生活習慣病管理料(情報通信機器を用いた場合)」として月1回に限り100点を算定することとなりました。

 

【対象疾患】

脂質異常症、高血圧症、糖尿病

 

【診療報酬】

生活習慣病管理料

1 保険薬局において調剤を受けるために処方箋を交付する場合
イ 脂質異常症を主病とする場合 650点/月
ロ 高血圧症を主病とする場合 700点/月
ハ 糖尿病を主病とする場合 800点/月
2 1以外の場合
イ 脂質異常症を主病とする場合 1,175点/月
ロ 高血圧症を主病とする場合 1,035点/月
ハ 糖尿病を主病とする場合 1,280点/月

生活習慣病管理料(情報通信機器を用いた場合)

100点/月

 

【オンライン診療との関わり】

生活習慣病管理料を算定している患者には、オンライン診療料の算定が可能な場合があります。詳細はそれぞれの診療報酬の解説記事をご覧ください。

 

【留意事項】

・当該診療報酬は、許可病床数が200床未満の病院又は診療所に限り算定できます。
・糖尿病を主病とする場合には、在宅自己注射指導管理料を併用して算定することはできません。
・糖尿病合併症管理料、がん性疼痛緩和指導管理料、外来緩和ケア管理料、糖尿病透析予防指導管理料は生活習慣病管理料に含まれませんが、上記4つ以外の医学管理等、検査、投薬、注射、病理診断の費用は生活習慣病管理料に含まれます。
・中等度以上の糖尿病を主病とする患者(2型糖尿病の患者であってインスリン製剤を使用していないものに限る。)に対して、血糖自己測定値に基づく指導を行った場合は、血糖自己測定指導加算として、年1回に限り所定点数に500点を加算できます。なお、中等度以上の糖尿病の患者とは、当該加算を算定する当月若しくは前月においてHb1cがJDS値で8.0%以上(NGSP値で8.4%以上)の者をいいます。
・糖尿病の患者については、患者の状態に応じて、年1回程度眼科の医師の診察を受ける
よう指導を行わなければなりません。

【参照URL】
診療報酬の算定方法の一部を改正する件(告示)
令和2年厚生労働省告示第57号別表第1(医科点数表)<第2章>医学管理等 P.4
診療報酬の算定方法の一部改正に伴う実施上の留意事項について(通知)
令和2年3月5日保医発0305第1号別添1(医科点数表)P.147以降
特掲診療料の施設基準等の一部を改正する件(告示)
令和2年厚生労働省告示第59号

更新日:2020年7月20日(令和2年の診療報酬改訂に関する情報を追加致しました。)

このページは、オンライン診療サービス curon(クロン)を開発・運営する株式会社MICINにより運営されています。クロンは厚生労働省・経済産業省・総務省のガイドラインにも準拠した、初期費用・月額固定費用が無料で運営できるオンライン診療のシステムで、全国で多数のクリニックに導入されています。サービスの詳しい内容について、こちらをご覧ください。

オンライン診療サービス クロン

本サービスにおける情報提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、必ず近くのかかりつけ医や、適切な医療機関を受診することをお勧めいたします。

また、日々最新の情報を掲載するために過去の執筆記事も定期的に巡回し、情報の正確性に可能な限り努めて参りますが、制度改定などにより一時的に古い情報が掲載されている可能性がございます。

本サービス上の情報や利用に関して発生した損害等に関して、弊社は一切の責任を負いかねますこと予めご了承ください。