多くの医師が選ぶ安心の
オンライン診療サービス

【curon導入インタビュー014】「患者さまの時間を大切にしたい」

桂川洛西口産婦人科まりこクリニック

  • 産婦人科

 阪急京都線の洛西口駅から徒歩7分というアクセスで、医師・スタッフは全員女性のクリニックである、桂川洛西口産婦人科まりこクリニック(婦人科・産科)の院長・馰野 真理子先生にオンライン診療curonを導入してのご印象・ご感想をお伺いしました。

オンライン診療を導入した背景を教えてください。

 遠方から通院されている方や、引っ越しなどが理由で当院から離れてしまった方に対して、かかりつけ医として寄り添いたいという思いから、オンライン診療を導入しました。継続的に受診をしたいという方にご案内ができる良い仕組みだと思っています。

産科・婦人科でのオンライン診療のメリットを教えてください。

 通院が難しい方に対して、薬の処方だけでなく、相談に乗れることが良い点です。インターネットでピルを購入することもできますが、そこには医師の指導がありません。飲み忘れた場合の対処方法や、飲み方を変えたい場合に、相談窓口となることで、女性の悩みに寄り添うことができると思っています。

今後オンライン診療をどのように使用していきたいですか?

 現在はピルの処方のみ行なっていますが、自費診療で診療前相談のようなものができれば良いなと考えています。また、運用は難しいと思いますが、緊急避妊ピルの遠隔処方などができれば、用途は広がると考えています。お問合せ頂くこともありますので、対応できるような体制を検討したいですね。

【オンライン診療×ピル処方】低用量ピル・アフターピルの事例・症例のご紹介

オンライン診療に今後望むことは何でしょうか。

 診療報酬点数が低いので、保険診療の用途ではあまり使えないのが現状です。また施設基準や診療計画書の作成など、手間がかかってしまいます。2年後の診療報酬改定で、医療機関にとって使いやすくなることで、利用者の女性にも認知度が広まって欲しいと思っています。

Clinic Infomation

  • 桂川洛西口産婦人科まりこクリニック
  • ホームページ:https://mariko-clinic.com/
  • 住所:京都府向日市寺戸町八ノ坪122 洛西口クリニックビル3階
  • 電話番号:090-8576-6961

Doctor Profile

馰野 真理子

佐賀大学医学部 卒業(2009年)
京都府立医科大学や国立高知病院などで勤務
桂川洛西口 産婦人科まりこクリニック 院長 就任(2015年2月)
医療法人 馰野会 設立(2015年10月)
所属:
日本産婦人科学会 会員
日本女性医学学会 会員
更年期と加齢のヘルスケア学会 会員